【朝食抜きの人必見】朝食の重要性と効果的な取り方を紹介します!

美容まとめ
朝食は毎日食べていますか?。忙しい朝はついつい朝食を抜いてしまいがち。

実は朝食は1日の疲労パフォーマンスに影響する、とても重要な食事なんです。

今回は朝食の重要性と、効果的な朝食の取り方について紹介していきます。

朝食抜きは何故ダメなのか

朝食は1日の食事の中で、一番抜かれやすいもの。しかし、人間は朝食で1日のパフォーマンスと疲労度がほぼ決まってしまうのです。

特に「朝食抜き」は一番悪い影響が大きく出てしまいます。その中で特に危険なのが「血糖値スパイク」。

朝食を抜くとお昼頃にはお腹が空いてきます。この時に空腹の反動で沢山食べ過ぎると、「血糖値スパイク」という現象が起きてしまうのです。

人間の血糖値はつねに小さく上下しているのですが、空腹のあとに大量に食べると血糖値が極端に急上昇し、その後急降下することに。

これは「血糖値スパイク」と呼ばれる現象で、糖尿病や心臓病にもつながるとされています。(中略)血糖値の急な乱降下は眠気や疲労感の元にもなるので、チーム内では朝食抜きを厳禁にしています。

山田知生 (2018). スタンフォード式疲れない体 サンマーク出版

朝食抜きのデメリットは他にも・・・!

朝食抜きのデメリットは他にもあり、それは「体温が上がりにくくなる」ことです。体温が上がらなくなると集中力も散漫になり、パフォーマンスを最大限に発揮する事が出来ません。

また、朝食はその日の活動するためのエネルギー源になります。ダイエットをしているからといって朝食を抜くと、かえって太りやすくなり集中力も低下してしまいます。

痩せたいのであれば、朝食で食べる物に注意すればいいのです。1日の中で午前中は最も脳が冴える時間帯であり、この時間帯に最高のパフォーマンスを出せないのはとても勿体無いものです。

では朝食の効果を最大限に引き出すコツをこれから紹介していきますね。


効果的な朝食を取る方法

これから紹介する方法を実践する上で大事なのが、「完璧にやろうとしない事」です。

ストイックになりすぎると、逆にストレスが溜まり疲れてしまいます。少し緩い気持ちで実行していきましょう。


時間を固定する

朝食の時間はできるだけ固定しましょう。朝食は1日の中で、一番時間を固定しやすい食事です。

時間を固定することは生活のリズムができるため、自律神経が安定しやすいというメリットがあります。

出来れば朝食に20〜30分程、時間をかけてゆっくり食べるようにして下さい。

早食いは内臓の負担を増やし、肥満の原因にもなります。時間に余裕を持って、毎回決めた時間に朝食を取りましょう。


発酵食品を加える

ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品は腸内環境を整え、良質なタンパク質を含んでいるためオススメです。

ただし、チーズはナチュラルチーズを選びましょう。

ナチュラルチーズの方が腸内に有用な菌を含んでいるので、効果を期待できます。味噌汁やぬか漬けも栄養素が豊富で、疲労回復効果があるため、朝食にぜひ食べて頂きたい食品です。


食べる量は腹八分目

満腹になるまで食べすぎると、消化に時間がかかり、集中力も低下してしまいます。

朝食の食べ過ぎによる集中力低下で、逆にパフォーマンスが低下してしまうのです。

消化・吸収のため、胃腸が頑張りすぎてしまうため、他の機能がおろそかになってしまいがちになります。

基本は腹八分目を心がけ、少し空腹感を感じたら、ナッツなどの炭水化物が少ない食べ物を取ると良いです。


タンパク質と繊維質を中心に

朝食では炭水化物の取りすぎは禁物です。基本的に「タンパク質」、「食物繊維」、「ビタミン類」を中心に取れるように意識しましょう。

炭水化物の取り過ぎは肥満や集中力低下、更には生活習慣病のリスクが増大するため注意が必要です。

ただし、完全に炭水化物抜きはストレスが溜まると思うので、炭水化物:それ以外=1:3くらいの割合で取るようにして下さい。

パンなどでもライ麦パンなど、比較的食物繊維が豊富な物をチョイスするのがオススメです。


最後に

朝食はとても重要です。朝食の内容次第で、1日のパフォーマンスが決まってしまいます。

忙しい時、とても重要な時ほど朝食をしっかりと取りましょう。その1日を満足いくものに出来るかは、あなたの朝食で決まります

理学療法士takeru

Source: beautyまとめ
【朝食抜きの人必見】朝食の重要性と効果的な取り方を紹介します!