美・Cele プロフィール

美・Cele 代表 島本みちよ

 

はじめまして。 島本みちよと申します。

生まれは、四国の徳島。

 

神が宿るという剣山のふもと吉野川とそこに隣接する深い山奥で育つ。

父は2歳の時に亡くなり、母子家庭の4人兄弟の末っ子で育ち。

中学高校と新しい友達ができ、楽しい学生生活を送っていました。

高校卒業後の進路を決めとき、母から 「女の子も手に職を持つといいよ」 と勧められ、美容師を目指す!!

美容室サロンド・カルダンに入店したが、美容師免許とり、このままでは技術が学べないとおもい、思い切って東京へ上京。

恩師から教えていただいた萩原宗カッティングスクールスの門をたたきました。

そこで1年間カットの技術を学び、技術者として大手の美容室に入りました。

担当のお客さんを持っていない私は、シャンプーから仕上げまですべて1人でこなしたため、だんだん手が荒れ、休みの日はいつも病院通い。

強い薬も効かなくなり、とうとうドクターストップがかかってしまいました。

せっかく100万円かけて、カッティングスクールで学んだ技術が一瞬で無駄になり、半年で美容室をやめることになりました。

当然、寮も出なければいけませんでした。

1度に仕事と住まいをなくし、自暴自棄になり落ち込みました。

美容師をあきらめた私は、手があれないように水を使わない美容の仕事を探しました。 そこで見つけたのが「メイクの世界」でした。

渡辺サブローメイクスクールと宗道着付け学校で学んだ後、広告系のメイクのアシスタントを募集を見つけた私はすぐに応募。

面接では美容師免許を持っていることを、自信を持ってアピールしました。

しかし、広告業界のメイクの世界では美容師免許は関係ありませんでした。

「アシスタント料金は月5万円だけど大丈夫?」

「美容師免許があっても使えないのよ!!」

と言われショックでした。

就職情報誌のとらばーゆを、何冊も買いあさり、 ブライダルプロデュース会社がヘアメイクを募集しているのを見つけました。

27歳で「ブライダル業界」との出会いです。

ブライダルの仕事は、カメラマン、ヘアーメイク、アテンダンー など、プロ意識の高い技術者が集まり、みんなで1人のお客様を サポートします。 はじめは敷居が高い仕事だと思いましたが、仕事をしていくうちに、『お客様の一生に一度の大切な日』に携われる幸せを実感出来るすばらしい仕事であること、そして、すばらしい仲間に出会える仕事だと気づきました。

32歳の時に、母親ががんになり、余命半年と宣告され、病院から家族の看病が必要と連絡が入りました。

4人兄弟の中で、当時独身だった私に、母親は帰って来てほしいと言いました。

もちろん私も帰って看病がしたいと悩みました。

ちょうどその頃、独立したカメラマンから、 週末山梨でブライダルの仕事を一緒に仕事しませんかとオファーがあったので、 会社をやめることにしました。 平日は徳島に看病に帰り、 週末は車で山梨に行き、ブライダルの仕事をすることとなりました。

独立してフリーランスになることで、母親との最後の時間を過ごせた事が唯一の救いです。 また東京でも結婚式場で派遣をする仕事が入り、メイクさんを手配したり、忙しい毎日が続きました。

山梨の仕事も5年でなくなり、結婚式場の派遣の仕事もいったん打ち切りになりました。

突然仕事がなくなり、仕事がない恐怖と怖さを知り、心の闇に不安を感じていました。

さらに、時代とともに花嫁様の年齢層も変わって、今までのようにナチュラルメークでは通用しなくなりました。

そこで、私はアンチエイジングで有名な嶋田ちあきメイクアップスクールに参加し 、さらに技術のプラスしていきました。

エルブライトハウスという結婚式場が、レストランウエディングを再出発させるということで、私に声がかかり、提携して美容の下請けとして入りました。

エルブライトハウスでの13年間を含めた23年間で、私は3,700組の幸せなカップルに携わり、約3,700人の花嫁様を作ってきました。

この頃、口コミ集客で有名なマイク加藤さんさんと知り合いました。

パワーパートナーの実践会で は、女性起業家林田さんから講師の話をいただきました。

マイク加藤さんに、「やったほうがいいよ」と背中をおしていただき、その時からランチ会やイベント集客のお手伝いを一緒にさせていただいています。

そして、IBJ結婚相談所の会員さん向けにヘアメイクの講師もしてきました。

私は、これまで私と関わって頂いた方達を通して、お仕事の話をいただいたり、 新しいビジネスにつながっていることに気がつきました。

美容の世界で恩師だった美容室の先生が、経営がうまくいかず、うつになり、美容室経営もやめて病院に入ってしまったこと。

美容室で雇われ店長だった友達は 、毎日の仕事に追われ、自分のことは二の次。独身だからといって親の介護を押し付けられ、やめられない仕事との間で悩んでいること。

フリーランスでエステシャンの友人は、若くして乳癌で亡くなったこと。

多くのフリーランスとして働いている仲間は、目の前にきた仕事をこなしているだけで、ほとんど紹介だけで仕事をしていること。

こんな状況をまのあたりにした私は思いました。

「この先仕事があるかはわからない。」

「自分は、将来どうなっているんだろう?」

今まで考えたことなかった。

今の状況で病気になったら収入は入ってこない。 誰に相談していいか分からない。 困った時に相談できる仲間が欲しい。 新規開拓をしたいけれども集客方法がわからない。 どんな宣伝をすればいいかわからない。

みんな同じ不安を抱えている...

そう考えた私は、美容業界でフリーランスの方、個人事業家の方達が、相談ができる交流の場と学びの場を提供したいと思いました。

人と人を繋げ、同じ志を持つ仲間を作り、ともに学び、自分たちで新しいビジネスを創り出す。

創りたい未来は「相互コミュニティ」

フリーランス同士がお互いのビジネスを紹介しあい、メンバー同士でジョイントして新しいビジネスに創り出す。

そんな「相互コミュニティ」を作り、定期的に開催したいと思います。

私は今

日本現実化戦略研究所(まる現) 代表 ■年収5倍!喜業塾アドバンス®総塾長である久家邦彦先生の「5倍速で10倍売れる仕組み」の講座で学ばしていただいています。

久家先生は、生徒にたくさんの成果を出させていて、ご自身も学び続け、学んだことを受講生に提供しています。

丁寧に誠意を持って、教えてくれる、誠実で楽しい、そして何より結果を出している先生です。

私自身もいろんな方に支えられ、 また相談して新しいビジネスに挑戦しています。

これから先も増加するフリーランスの数が12128万人。

「自由で経済的な自立」を応援、支援していきます。

タイトルとURLをコピーしました